10月振り返り 上旬編2

もう12月も下旬だっていうのに、10月のまとめのしかもまだ上旬編ってどうなの…(^^;
現在、ブログ用のマイリストが260件くらいに。
これ全部ブログに書ききる日なんてくるのかなぁw

スカイプ実はしばらく前にはじめました。(IDはnatusimomura)
設定はしてみたもののPCのスペックが高くないので普段はつないでません。
必要なとき(あるのかなw)だけオンにする感じになりそうかな。

ゆうゆうP

全編通してゴリッゴリにカッコイイ!
冒頭の路地裏のシーンはもう心臓わしづかみ。
ラストのスローモーションといっしょにどこかに連れてかれそうに惹き込まれました!

トロツP

5人完全横並びのユニゾンダンスが、すごくGSの雰囲気を醸し出してます。
この衣装の真で沢田研二はほんとピッタリ。
なんだか新鮮、こういうかっこよさ。

やわらかP

「寝・逃・げでリセット」の下僕的替え歌。
歌詞うまいwかわいくてちょっとだけ切ない雰囲気にだまされそうになるw

ミミズクP

キュートでかっこいいデューラートリオと疾走感があって楽しさ満載の楽曲とダンス、見入りました♪
カードを中心とした小物使いが多彩。
終わった後もしばらく映像と音楽が脳内を流れてます。

b.o.s.P

メガネな雪歩は、文学少女ってかんじでかわいいなぁ。
紅茶にミルクをたらしたときみたいな、やさしいさわやかな作品。

G様P

バイクで疾走するシーン、いい!
ダンスのかわいさとの硬軟のバランスが気持ちいいです。
センスも技術もどんどんUPしていっているのが作品を見るごとに感じられてすごい。

赤ペンP

伊織のその強さ、弱さ、凛と前を向いて立つその姿勢が好き。
伊織は、そっと支えてやりたい、包んであげたいと一番思わせる子だなぁ…

wandaP

あまりに完全無欠な演歌っぷり。
音程のいじり方もアレンジもすごい。
wandaPはいつもおもしろい試みをしてくれて大好きですw
前口上職人さんも岩内ママ(誰w)職人さんもGJ。
こうやって聴くとこの曲の歌詞は演歌ですねぇ。

じゃんP

この作品の感想をどう書こうか迷っているうちに12月になってしまいました。
本当は独立エントリでがっつり感想を書きたいとも思った。
けどいざそのすばらしさについて書こうとするとどう書いたらいいかわからなくなる。
これは春香の思いでもあり、Pの思いでもあるように感じる。歌詞を噛み締めながら見ていると。
美しい風景も、そこに少し寂しげな笑顔で立つ春香も、あまりに綺麗で調和していて…だから切なくてたまらなくなる。
アイドルらしいビジュアルと天才性をもちながら、ただの一人の女にもなれる美希と
一番普通の少女らしさを持っているように見えて、誰よりもアイドルでありつづけ
一人のただの女にはなれない春香。
でも映像では美希はアイドルとして街頭ビジョンに映っていて
春香は私服でそれを見つめる。
その対比がなんだか余計感じるものがあって。
一人の女としての幸せにはたどり着けない春香の心は、
深い水の中に沈めてしまうしかない…のでしょうか。

ゆみすp

冒頭のドンっと勢いがつく感じが気持ちいい!
力強さとさわやかさを併せ持った感じが真メインな16歳トリオにすごくあってる。
振り付けも爽快でかっこいいなあ。

マロニエP

タイトルからしてセンスが感じられてすきなのだけど、中身はさらにセンスの塊。
絵の雰囲気も、ストーリーも、静止画からアニメーション、そして色づく演出にも息を呑む。
歌もセリフもないけれど、こんなにも伝わってくる。

JAYP

これいいw!
テンションあがりっぱなしの楽しさ!
テンポよい演出がこれぞアニソンといった勢いがあっておもしろい。

AruP

光と影の演出がすごくいい雰囲気でかっこいい。
赤い色合いが特に好き。

satodaiP

みんなものすごい配役がハマってるなぁ。
シーン選びもツボをついてきます。
りっちゃんめちゃめちゃかわいいいい。

ほっちP

ああもうカッコイイ!
侍の一文字を大胆に使った演出。ニコ割も効果的に使っていて。

つかさP

かわいいたのしい♪
白基調にパステルカラーな背景と歌詞にあわせた演出が気持ちを盛り上げてくれます。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)