スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年上半期ニコマス20選

基本レギュレーション
・対象は2014年上半期(1月1日~6月30日)に公開されたニコマス動画
・自身のセレクトを20作品以内でブログ・マイリスト等にて公開
・1Pにつき1作品

というわけで久々に参加。
上半期にマイリスしたニコマス動画から6作品をピックアップしました。


ナンカンP

基本動画は1回しか見ないタイプの人間なのだけど、
この動画は楽しくて何回もみてしまう。
ダンスのフリのはまりっぷりが爽快でおもわすクスっとくる。
ニコマス見はじめのころのワクワクを思い出させてくれる作品。


トモダチP

見ている間ずーっと鳥肌たってゾクゾクがとまらない。
楽曲の力強さと疾走感と、畳み掛けるような映像と演出と、全体のコンセプトとロジックと、
全部が完璧なバランスと完成度で合わさっていて惹きこまれる。



ニコマスの仕事を日々こなす765プロという切り口がニコマス好きにはたまりません。
そして構成やセリフも絵もうまい。
往年の名作動画ネタを手書きアニメーションで挟むという贅沢さ。



サウンドひとつひとつとのシンクロした映像美が心地よい。センスが溢れでてその波に溺れる気持ちのよさ。



とにかくプロデューサーさんが幸せそうでよかったですw



こういう、切り貼りで振り付け再現する動画は、
ばかばかしくも割りと合ってたりこだわりが垣間見えたりおもしろくってやっぱりすきだw


スポンサーサイト

真ファンの隠れ家

わたぼうP

真の引退、そしてプロデューサーとの別れをテーマに描かれたこの動画。
真の切ない、そしてどこか色気を感じさせる表情が印象的な素敵な作品です。

一生懸命なだけでは、素直なだけでは生きていけない芸能界。
喜びも、悔しい思いも分かち合い、支えてくれたプロデューサー。
心の一番近くにいた人との別れ…。
いろんな経験を経て、少しだけ大人の表情を見せるようになった菊地真がここにいます。

曲自体すごく切なくていい曲なのだけど、
その歌詞ひとつひとつにあわせた細かい振り付け、表情が本当にすばらしい。
一見シンプルなようにも見えるけど、
ものすごいバランス感覚の優れた、ウマイ作り手なんだろうな、このPは。

とにかく一度見て、真を(心の中で)抱きしめてあげてください(><)

わたぼうPのほかの作品もオススメ!

以前テーマ紹介でも取り上げた、映画パーフェクトブルーとのコラボ作。
パーフェクトブルーに登場するアイドルグループ・チャムと千早・春香・真の脅威のシンクロw
元のアニメシーンとの合わせ方が神がかってます。

元ネタ知らなくてもこれは一度見るべき。


バーローPと真の一大奮闘記。

疾走感と、抜きを巧みに盛り込んだ演出とシーン選びが本当にスゴイ。
やっぱり歌詞との合わせ方がセンス全開なんですよねー。


この底’z参加作品を最後に、新作が見当たらないのだけど
もう作らないのかな…。

男前だったり、可愛らしかったりな真の作品も勿論好きだけど
それだけじゃない、いろんな顔を見せてくれる わたぼうPの作品をもっともっと見たい。

なんだかうれしくて

朝、勢いで書いてしまったエントリをちょっぴり修正。

GateP


9時ごろ本日の総合マイリストトップ300を見ていたらこの動画が。
新作の影響かな~?
いつの間にか「律子ファンの聖地」タグついてるし。

このまま浮上していかないかなー。たくさんの人に見てほしい~。
この方の作品は全部好きで
ずっと公開マイリストに入れて「みんな見て!」とひそかに念を送っていたのでw

大人同士、よきパートナーって感じのPと律子さんのやり取りが心地いい作品。
男くささがある独特のタッチの絵が曲の魅力とあいまってほんといい雰囲気なんです。
律っちゃんは幸せですよ?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。